包み焼きハンバーグでふっくら分厚いハンバーグ

Posted by jon57y3b43yheccpxb on December 28, 2015 with Comments Closed

子どもも大好きなハンバーグはよく作ります。
しかし、フランパンで焼くと火加減が非常に難しく、ハンバーグを分厚くしてしまうと中までなかなか火が通りません。
仕方なく、火が通りやすいようにできるだけ平らにしてボリュームのないハンバーグを焼いて食べていました。
しかも、ハンバーグは挽肉から油もたっぷり出てきて、フライパンもガス台も汚れまくり。
作るのが大変で、作る自分は美味しいより面倒が先行しちゃってました。
あるとき、ふと魚焼きグリルで包み焼きハンバーグにしたらどうだろうと思い立ちました。
包み焼きハンバーグには興味あったのですが、オーブンを使うと時間もかかるし電気も消費します。
でも、グリルならそんなに時間もかからず、ガス代も微々たるものです。
魚焼き用のグリルで果たしてホイルの包み焼きができるか…ものは試しとやってみました。
フライパンでハンバーグの両面に焼き目だけつけてから、アルミホイルに野菜と一緒に包んでグリルへ。
6分ほど焼くと、すごいジュージュー音がしてきたので、火を止め、予熱でしばらく放置。
そしていざ食卓へ…ホイルを包むと中にふんわり焼き上がったハンバーグが完成していました。
ナイフを入れてみると、中までしっかり焼けていて、肉汁もしっかりあって美味しかったです。
念願の分厚いハンバーグを食べることができ、しかも洗い物も少なく済んでよかったです。